• HOME
  • ドングリランドって?

ドングリランドって?

ドングリランドの概要

みなさん、ドングリランドを知っていますか?
ドングリランドは高松市の西植田町にあり、面積31haもある広い森です。 森は落葉広葉樹がほとんどで、とくにドングリの木が多く生えています。 平成7年からこの森が、ドングリ銀行の活動拠点となり、森づくりに取り組んできました。これまで、多くの人たちがボランティア活動に参加し、うすぐらく陽のあたらなかった森が、明るく美しい森へと変わってきています。
ドングリランドという名前は、森づくりに参加されたみなさんのアンケートの結果と、この森にはドングリの木が多いということからつけられました。 ドングリランドは、どんぐりの森や遊びの森、花と紅葉の森などに区分され、県民参加により森づくりを行っています。
あなたも、ほんの少しだけ森づくりに参加してみませんか? あとは森の中で思いっきり遊びましょう。 みなさんが来るのを待っています。

ドングリランドの森づくり、森あそび

自然観察

ドングリランドでは、ボランティアスタッフにより森林の年間計画が立てられ、さまざまな森づくり・森あそびのイベントを行っています。イベントでは、手入れで伐った木や自然の材料を使ったクラフト教室をしたり、バードウォッチングやネイチャーゲームなどを行い、大人も子どもも参加できる楽しい森林づくりを進めています。

各種イベント紹介>>>

イベントカレンダー>>>

ドングリランドを歩こう

ビジターセンター

ドングリランドの豊かな森林の中には多くの生きものたちがいきづいています。野鳥、山野草、昆虫・・・。さまざまな生きものたちを観察しながら、のんびりとドングリランドの園内を散策できます。また、ドングリランドビジターセンターでは、野鳥を観察するための双眼鏡や、小さな昆虫や植物を観察するためのルーペ、さらには図鑑などの貸出も行なっています。ぜひ、ご活用ください。

▲このページのトップへ